いまさら聞けない「ふるさと納税」 【オロゴンのTwitterアーカイブ】

節約・節税
tomwieden / Pixabay

ふるさと納税は、自分の故郷である自治体に税金を納めて、役に立ててもらうボランティアの色合いが強い制度と思っている人はいないだろうか。

実は、これは半分正解だけど、半分不正解。

ふるさと納税は、誰でも「日本全国の自治体」に納税することができる制度。

では、自分が縁もゆかりもない地方自治体に納税するメリットは何か?

それは、各自治体が納税者に対して用意している「返礼品」。

相場では、納税額の3割程の価値の品を受取ることができる。

返礼品の内容は各自治体工夫を凝らしており、肉・魚・フルーツから電化製品までそのジャンルは多岐にわたる

ふるさと納税は税金の「前払い」と理解していればほぼ正しくて、 10万納税をした人は、3万相当の返礼品を受け取り、将来の税金が約10万減る。

ここで約と付けたのは、みな一律二千円だけは自己負担が発生するルールだから。

つまり、3万円分の返礼品を自己負担の2000円だけで手に入ることになる。

これが、みんなが夢中になる仕組み。

注意点としては

①上限額があり、所得で計算される。

→ 毎月の給与に大きな変動がないサラリーマンであれば、WEBサイトで簡単にシミュレーションできる

②手続きが必要

→ 納税先が5つ以下であれば、書類を返送するだけで手続完了。(ワンストップ特例制度)

参考に上限額の早見表を貼っておく。

上限額の計算についてはこちらも。

【方法解説】ふるさと納税返礼品を自分(自宅)以外に送る!実家の両親や知人友人・恋人へのプレゼントからお中元・お歳暮のギフトまで大いに活用しよう!
実は、ふるさと納税の返礼品は、自分以外にも送ることができる。このことを知らない方、案外多いのではないだろうか?しかも、その方法は極めて簡単だ。この機会に、遠く離れた実家の両親や今年お世話になった人へ感謝の気持ちを表してみるのはい...

ちなみに、年収5000万の独身者の上限額は約200万円。150万円超えてくると返礼品は、牛1頭だとか米360kgだとか、もう訳わからんことになるw

そんな人でも、自己負担はポッキリ2000円。

この制度では、返礼品を貰わないという選択肢ももちろんアリ。

今回の北海道のように、被災した自治体を支援する形で使うこともできる。

ふるさと納税を始めたい方はこちらから。返礼品についても検索することができる。

【楽天市場】ふるさと納税|はじめての方でも簡単!納付先や使い道が選べ、お礼の特産品も楽しめます
楽天市場でふるさと納税を。はじめての方でも簡単!楽天会員ならお買い物と同じフローで寄付が可能。特産品のお礼や税金の控除を受けられるなどの特典も。楽天ポイントも貯まります。

(2018年9月7日のツイート)

コメント

タイトルとURLをコピーしました